BLOG

先日行われた合資会社井坂酒造店の創業200周年記念式典にお越しいただいた津軽三味線奏者・髙橋拓美さんをご紹介したいと思います!

 

髙橋拓美さんとの出会い

茨城県北地域の酒蔵をタクシーでめぐる旅(SAKE TAXI / SAKE MEGURI)を企画している中で、酒蔵をめぐることに加えて、私が重要だと思っていることは、

「ここに来ないと会えない人との出会い」です。

もちろん、その”人”は、仕事があれば遠くへも移動しますが、ここで生まれ・ここで過ごし・なぜその人がそれをすることに至ったのか。

その人のアイデンティティを知る旅を、「SAKE × 地域文化」にフォーカスすることで茨城県北地域を感じていただこうと思っています。

“SAKE” つまり酒蔵さんはそれぞれの蔵の特徴が見えてきた中で、伝統文化やその文化を紡ぐ方々とはまだまだお会いできていないなぁというのが正直なところ。

県北地域の酒蔵をタクシーでめぐる旅(さけめぐり / サケタクシー)の事業や想いを発信し続けていたら、共感してくださる方が地元にもどんどん増えてきました。

髙橋拓美さんをご紹介いただいたのは、私が通うスポーツジムで一緒に泳いでいる拓美さんの叔父様からでした。

今年5月に青森で開催された第12回津軽三味線日本一決定戦の上級者男子の部で一位を受賞。

1回目の大会スタート時から出場していた拓美さん。昨年は3位に泣き、今年はずっと追い続けた「優勝」を手にしたと叔父様が熱くプールのジャグジーで語ってい(たのをのぼせながら聞いており)ました!笑

ちょうどそのお話と同時期に、井坂酒造店さんの創業200周年記念式典開催を蔵元からお聞きし、メインイベントとして拓美さんをお迎えできないかと「ピンッ」ときてすぐオファーをしました。

蔵の中でのコンサートは、他の地域でも開催されておりますが、

創業200周年という記念すべき式典で
井坂酒造店の「伝統的な蔵建築」「渋い」「古典・和風」のイメージと、
髙橋拓美さんの「若き伝統継承者」「類まれな才能と努力で勝ち取った栄光」を

コラボレーションしたら面白いのではないかと思い、ご紹介を受けた約2ヶ月半後の8月に井坂酒造店の蔵で会うことになりました。

井坂酒造店「200年」、髙橋拓美さんは「20歳」。

これも何かのご縁でしょうか。

 

髙橋拓美さんのご紹介

1998年(平成10年)101日生まれ。

茨城県日立市在住の現在20歳の大学生。

7歳からお祖父様の影響で津軽三味線を始め、小学2年生で津軽三味線全国大会に初出場し、入賞。

9歳(小学4年生)で津軽三味線の発祥の地、青森県五所川原市金木町(かなぎまち)での全国大会小学生の部で初優勝。

小学56年も優勝、大会史上初の三連覇を達成。以降、数々の優勝や入賞をしており、前述の5月の日本一決定戦に引き続き、今年729日に開催された「全日本津軽三味線競技会 名古屋大会」でも優勝し、優勝のタイトルは通算12回だそうです!

すごい~!

平成2122年の全国国際競技会優勝等表彰式では、茨城県庁で橋本昌知事(当時)より表彰を受け、県庁内で行われた祝賀会において、「津軽じょんがら節曲弾き」を披露。

メディアでは各方面からの出演依頼があり、テレビでは、Eテレ(NHK教育テレビ)の「天才てれびくん」や、テレビ東京での出演、ラジオではIBS茨城放送などにも出演。

両国国技館や江戸東京博物館での演奏や国際会議が開催された東京如水館(じょすいかん)での演奏等があります。

井坂酒造店 創業200周年記念式典では、僭越ながら私が拓美さんのプロフィールをご紹介させていただきました!

 

現在の活動とこれから

式典時の詳細は、感動が薄れないうちに書き留めた前回のブログ記事をご覧ください!

拓美さんは、大会へ出場される他に、最近では地元・茨城県日立市の太田尻海岸にあるカフェ感覚で宿泊できる宿「うのしまヴィラ」のカフェスペースで開催される音楽イベントにも出演されています。

その名も、「うのしまSecondSundayLive ~嬉海音 × 楽海音~ (うれし~ね × たのし~ね) 」。

毎月第2日曜日に定期開催されていて、明日の129日(日)でなんと第31回目。

拓美さんの演奏が聴きたい方はぜひ、うのしまヴィラWebsite or 髙橋拓美ブログ をチェック!

 

「どこか面白い場所があれば、また呼んでください!」とリクエストいただきましたので、これから拓美さんを連れ回したいと思います♪

SAKE MEGURI 参加者のみのスペシャル演奏企画を早く進めねば・・・♡

それにしても拓美さん、演奏のみならずとてもCool & Good looking guy でした♪

女性ファン多いだろうなぁ~(`*)ポッ

記念に井坂専務と3人でパチリ。

 

イベントは企画から準備、解散まで本当に色々と大変ですが、良い出会いを繋ぐことができて本当にスペシャルで幸せな1日でした♪