BLOG

SAKE TAXI で台湾在住富裕層のお客様を狙うなら、ここはぜひいった方がいい!ということで台湾人の友人に連れていっていただいたオーセンティックバーのご紹介!

 

SAKOH BARとは

SAKOH とは、こちらのお店のマスターバーテンダーの「酒向(さこう)」明浩さんの名字から取ったもの。

今年3月にオープンしたばかりのオーセンティックバー in Taipei

お店の外の通りを歩いていると商店街の中で通り過ぎてしまうほどの、落ち着いた門構え。

しかしそのドアを開けると、日本やシンガポール、香港のホテルのラウンジバーにきたかのような錯覚に陥ります。

→2階ラウンジからの眺め。SAKOH BAR

カクテルコンペティション世界一の腕前を持つ酒向さんは、「全国バーテンダー技能競技大会」において弱冠26歳の最年少で日本一に輝いた実力派。バーテンダー歴30年の大ベテランです。


そしてなんと・・・
日本バーテンダー協会の副会長というすごいお方でした!

日本のバー・シーンを築いてきた巨匠・毛利隆雄さんの下で10年間腕を磨き、その後の10年は「ガスライト銀座店」を引き継ぎ、人気バーテンダーとしてその名を知られるようになった酒向さん。

酒向さんが執筆されたカクテル本も秘密の本棚に。

酒向さんのバーは、銀座にもあります。


GINZA SAKOH

住所:東京都中央区銀座8丁目5-1 プラザG8ビル4F
アクセス:東京メトロ各線 銀座駅2番出口より徒歩7分/JR各線 新橋駅銀座口出口より徒歩5

電話:03-6280-6385
営業時間:月~金 18:0002:00 /土 17:0000:00

定休日:日曜/祝日
客席:10

最初にお通しで出たのは、温かくてほっとする野菜スープ。

ウィスキーのメニューは、それはもう世界中の名だたるウィスキーがありますが、私がオーダーしたのは、台湾発ウィスキーブランド「KAVALAN」とキウイフルーツのアレンジ。

軽やかなKAVALANとキウイフルーツの酸味とザクザクした食感が、ウィスキー苦手な(だった)私もデザート感覚でいただける1杯。

写真に写っているのが、ダンディー酒向さん♡

2杯目は、JAPANESE DRY GIN 「桜尾(SAKURAO)」。

広島産のジンなんですね!知らなかった~!
フレッシュな柑橘系のアロマが特徴です。

そして、調子に乗って3杯目は、「Hirokoのイメージで♪」とリクエストしたら・・・

爽やかなグリーンティーのカクテル♡
日本の街中を颯爽と歩く女性のようなイメージだそうです^^

まさか台北で日本最高レベルのカクテルとホスピタリティが堪能できるとは、想像しておりませんでした。

友人に感謝!

日本人のお客様が多いこともあり、スタッフの約半数は日本語がお上手で、お話ししていてとても楽しい時間を過ごせました。

こちらのモデルさん並みに美しい女性は、なんとサッカーW杯の台湾代表選手だそうです!
笑顔がとてもキュート♡

他にも日本酒好きな男性スタッフさんに、台湾で人気のある日本酒の種類や、
台湾料理と私が好きなテイストの日本酒とのペアリングを教えていただきました!

そのうちまだ別の記事で書きたいと思います♪

 

SAKE TAXI カードおいて頂けることに!

まったりと飲んでばかりいないで、しっかりサケタクシーをPRせねば~!と、日本酒のお話に。

酒向さんご自身は、高校卒業後、地元ホテルのコックからキャリアをスタートしたそうですが、お名前に導かれお酒の世界に。
ご出身の都道府県をお聞きしたところ、出身市町村名を一発で当ててしまった私はもはや変態。笑
とても驚いておりましたが、これが盛り上がるきっかけに!

私の好きな日本酒の種類を聞いてくださったのと同時に、私の嗜好に合う酒向さん地元の日本酒をご提案いただきました!

こんなご提案がいただけるのは、本当にたくさんの日本酒を飲み比べていないとできないことなので、さすがだなぁと・・・( ´∀`)

私も、茨城県北地域のご紹介を~と思っていたところ、昨年の日本バーテンダー協会の大会が水戸市であったそうで、茨城県北地域が都内からどの程度の距離にあるのか酒向さんご存知でした。これまたさすが~。

日本バーテンダー協会のHPを拝見したら、ものすごく大きな組織でびっくり!

なんだか話が噛み合い、共感しすぎて不思議な出会いです♪

台北へは銀座のお店を任せている方と交互にきているそうで、今日お会いできたのは本当に奇跡!

こんな素敵なオーセンティックバーに本当に申し訳ない手作りのサケタクカードを快く置いていただくことに(しかも酒向さんからご提案していただくというなんたるや♡)。

ただし、ウイスキーバーに日本酒のカードはアレなので、こっそりとどこかに隠れておりますので、もし行かれる方がいましたら探してみてくださいね♪

 

台湾のウィスキー醸造企業は、2社!

SAKOH BARでは、酒向さんが選ばれた世界中のウィスキーが並んでおりますが、台湾の有名なウィスキー醸造所2社のウィスキーを嗜むことができます。

1)KAVALAN(カバラン)
2)OMAR(オマー)

KAVALANは、シングルモルト、バーボン、フィノ、シェリーなど7種類。
OMARは、バーボンとシェリーなど4種類。

なぜだかKAVALANに魅せられて、翌日私はKAVALANの工場へ行くことになりました。

前々回のブログにも書きましたが、フライト直前まで仕事など諸々バタバタしており、初日に友人3人で九份へ行くことしか決めていなかった私ですが、これが功を奏しました。

SAKOH BARのスタッフさんが、KAVALANに勤務する友人がいるとのことで、夜遅くにも関わらず電話で繋いでくださいました!(助かったー!)

とても勉強になったKAVALAN見学は、また次のブログにて♪
(台北視察ネタ、なかなか終わりがありません。書きたいことたくさん!)

この後も奇跡の出会いは続く・・・!
To be continued…….

 

世界で最も権威あるウイスキー大会でグランプリを受賞した台湾初のウイスキー「KAVALAN」の醸造所見学へいって来ました! |台東・宜蘭県

 

—————–
SAKOH BAR
Address:台北市中山區中山北路二段39101
(No. 10, Lane 39, Section 2, Zhongshan North Road, Zhongshan District, Taipei City, Taiwan 10491)

Phone+886 2 2567 8433
Hours19:00-25:00 (Monday-Thursday)
      19:00-26:00 (Friday, Saturday)
      17:00-23:00 (Sunday)
—————–