BLOG

今年2月、受講者コンペに引き続き、本戦である一般コンペも【最優秀賞】を受賞しました!

茨城県北ビジネスプランコンペティションに応募したきっかけ

昨年の夏、FBで友人がイイね!したビジコンの公式ページがタイムラインに流れてきたのを目にし、前後の予定を埋めるためにちょうどいいなと、フラ~ッと参加した9月の一橋大学特任教授・米倉誠一郎先生のキックオフ。


米倉先生の「どうせ応募しないんだろ?」の言葉に焚きつけられ(笑)、勢いでポチッと受講生セミナーに申し込み。

いつかは自分の「好きなこと」「得意なこと」で「社会貢献できること」をしたいなと、3つのキーワードが重なるコトをのんびり探していたあの頃。

たった半年で、まさかこんな展開になるとは全く想像ができませんでした。

のんびりしていた私に毎度背中を押してくださった熱いハートの齋藤潤一先生のもとで、受講生のみんなにたくさんブラッシュアップしてもらい、

県北酒蔵をPRするイベントしてみたいといえば都内には協力してくださる心強い味方がいて(なんと出会って1ヶ月で!チーム深川ワイナリー・中本徹社長!)、

一緒にツアー組みましょうといつも脱線しながらも(笑)新鮮な話をしてくださる里山ホテルときわ路・藤野龍一さんがいて。

諸先輩方々にたくさんの刺激と愛情をいただきながら、

「人生、やるか、やらないか」を実践した半年でした。

ここまでたどり着くには、
セミナーエントリー

セミナー

受講者講座エントリー(書類)

受講者講座1

受講者講座2
(合宿)

受講者講座3

受講者講座4

受講者講座5

受講者コンペプレゼンテーション

一般コンペエントリー

一般コンペ一次審査(書類)

二次審査(プレゼンテーション)

公開ファイナルプレゼンテーション

ととても長い道のりでした。

 

プレゼンで伝えたかったこと

地元で生まれ育ち、田舎のカッコ悪さや自己の向上心の高さから東京、海外と渡り歩いた私ですが、地元の良さに心から感謝できたのはほんの数年前。

疲れ切ったサラリーマン生活、すさんだ心を癒してくれたのは、地元の雰囲気や変わらない建物ではなく、地元の方々の温かさでした。

茨城弁は、カッコ悪くて恥ずかしいのは今でも変わらないのですが、
ぶっきらぼうな言いっぷしの裏には、地味で不器用だけど温かい心が見え隠れしています。

そんな地元の地味で謙虚なところが都道府県魅力度ランキング5年連続最下位を達成更新中な訳でありますが(笑)、そこを打破し地元の方々に貢献したいと、酒蔵を主役としたブランディングを行い、そして県北地酒を通じて県北地域のファンを増やしたい!という思いでプレゼンに臨みました。

 

プレゼンテーションと審査

今回の一般コンペは、今までのプレゼント異なり、プレゼン資料の枚数や話す順序がすでに決まっており、どう結論まで持って行くか、会場の皆さんをワクワクする内容にするかを妄想した2週間。

プレゼン順序は最後の大トリ10番目。

県北地域で私が一番好きなお酒「松盛 純米吟醸 無濾過生原酒」を味わいながらプレゼンを聞いて欲しいと思い審査員の皆さんに振舞いました。
(係の人が審査員にお酒をこぼす珍事!笑)

投票は、コンペ運営のNPO法人理事、地域創生雑誌編集長、地元宿泊施設役員、経済産業省委託経営コンサルチーフ、茨城県県北振興課部長の計5名の審査員と、会場着席の来場者からの投票で決まります。

「よかったらみに来てね~」といってみに来てくれた友人や会社関係者の方が5名いたので、5票は確実だー!と少しだけ安堵していたものの、人前で話すのが本当に苦手で・・・。

が、しかし、投票結果を聞いたら、ぶっちぎりの1位だったそうです♪

 

県知事から表彰されるとか、しびれますね・・・。

嬉しい!や、感極まる!という思いよりも、
「期待を背負ってこれからがスタート!」と襟を正した私でした。

(もうちょっと喜べ、私・・・!)

翌日には地元新聞紙や、Yahoo!ニュースに掲載され、
あちらこちらからおめでとうのメッセージの嵐!

 

今後の活動について

SAKE TAXI (サケタクシー)のペルソナは中~高所得者層インバウンドですが、
こちらのターゲットをお迎えするにあたり、ディープなコンテンツを作り込む必要があります。

実際に、「どこでも体験したことがない面白い体験がしたい」という香港投資家様よりプレゼン資料の依頼がきており、現在作成中です。

といっても、コンテンツ作りとともに、予約の方法や運営をどうスムーズにして行くかという実務の面や、蔵元、タクシー会社、宿泊施設とのMTGを通じて、他の地域にはない面白い体験をどう作り込んでいくかを日々行動・妄想しながら準備しているところです。

ひとつ言えることは、「愛があり、面白いところに人は集まる!」と思っています。

茨城県北地域で一丸となって、作り上げていきたいです♡

 

————

Fortunately, I could get first prize for local final competition!
Feeling so long long time, since I came back Japan.
Id like to make another fresh start with my new team.
Please keep cheering to embark on the new phase of my career.

Subject;「SAKE TAXI– A journey around a sake brewery by TAXI –